本文へスキップします。

トップ商品一覧放熱ギャップフィラー
高熱伝導とやわらかさ

放熱ギャップフィラー - コスモサーマルギャップフィラー - 製品開発中

硬化前外観

硬化前外観

化学反応

硬化後外観

硬化後外観

コスモギャップフィラーは硬化型の放熱ペーストです。
ペースト状で塗布できるため、デバイス設計思想に応じて任意の厚さに調整できます。
ラインナップは“一液熱硬化タイプ”と“二液室温硬化タイプ”があります。
また、塗布形状を維持したまま硬化するので、ポンプアウトの心配はありません。

特徴

①高い熱伝導性

下図は部品を発熱させた際の基板温度上昇量を可視化したものです。
ギャップフィラーは密着性の高いペースト状のため、高い放熱性を示します。

②ずれない・垂れない

一般的に非硬化型の放熱ペーストはクリアランスが広くなるとポンプアウトの懸念が伴います。
硬化後のギャップフィラーは垂直に設置しても垂れません。
汎用グリースでは50サイクルでポンプアウトが発生しましたが、
コスモサーマルギャップフィラーでは1000サイクルでも位置ズレが生じませんでした。

ギャップフィラー

 
熱衝撃試験

熱衝撃試験

TIMをアルミ板とガラス板で挟み、約90°に立てた状態で高温⇔低温の熱負荷を繰り返し与える試験です。
TIMのズレ・垂れを観察します。

試料厚さ :1000μm
挟材   :アルミ板-スライドガラス
縦置き傾斜:約90°
温度   :-35⇔125℃
保持時間 :30分

塗布・硬化方法

①塗布

塗布01
任意量のギャップフィラーを発熱体に塗布します

②挟み込む

挟み込む
ヒートシンク等でギャップフィラーを挟み込みます
※画像は説明のため、ヒートシンクの代わりにガラス板を使用
 

③硬化工程

加熱または室温にて硬化させます

④硬化完了

硬化完了
傾けても、ずれたり垂れたりしません

性能一覧

各種開発品の特性については、別途お問い合わせフォームから照会ください。

商品についてのお問合せ

コスモサーマルグリースのお問い合わせはこちら

直売技術部 工業グループ
電話 : 03-3798-2165
営業時間 : 平日(土、日、祝日除く)9:00~17:30